交通事故は逃げると大変なことになると知った。

スポンサーリンク

身近にある危険としての交通事故

ニュースを見てて芸能人の交通事故は、本当に大変なことになると感じました。

交通事故を起こしてしまい「大変なことになる」と思わず逃げしまったという芸能人の事故がありました。

タクシーとの接触事故で人に直接接触した訳でなかったためか、軽い物損事故と考えて、その場から立ち去ってしまってようだですが、タクシーの運転手は実は全治二週間の怪我をしていたため人身事故に該当し、立ち去ったことにより法律上ひき逃げ事故となってしまった。

適切な対応を取っていれば5~6点の違反点数と罰金で済む問題が、ひき逃げまで事故を大きくしてしまったため、違反点数は35~40点となり、かなり重い行政処分を受けることになってしまいました、もちろん免許取消で3=4年は再取得できません。

加えて職業が芸能人という事もあり、イメージを大切にする番組や広告がお蔵入りしたり、打ち切りになったりすることで発生する違約金も計り知れず、本当に怖い社会的制裁を受けてしまうことになります。

後日の会見の中で相手に謝罪したところ、相手の優しさに涙が出たとも言っていました。

交通事故では一番最初の初動から適切な対応を取ることがとても大切なんだと教えられる事故になったと思います。

最初から真摯な対応で謝罪すれば、ここまで大きなニュースまで発展しなかったかもしれないだけに少し残念に感じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする