安倍首相とロシアのプーチン大統領が北方領土問題をテーマに会談始まる

スポンサーリンク

首脳会談の開始の遅れ

安倍首相とロシアのプーチン大統領の会談は、午後4時からの予定でしたがプーチン大統領の到着が遅れ、午後5時前に大統領特別機で山口宇部空港に到着しました。

2時間遅れにはなりましたが無事首脳会談が12月15日午後6時から始まったようです。
プーチン大統領は216年12月15日の安倍首相との首脳会談の冒頭で「日露の関係は前進している」と述べたそうです。


長い期間未解決となっていた北方領土問題をテーマに安倍首相とロシアのプーチン大統領の会談が行われて、注目を集めていました。

この会談が行われる二日前にプーチン大統領は日本のメディアを通じてロシアの考える北方領土の考え方の一部を明らかにしていて、その内容は日本側が考えるものと大きく相違していたこともあって、この会談の行方が非常に心配されていました。

日本のメディアに対してプーチン大統領は、言葉を慎重に選びながら話している様子が伺えて、領土返還のプロセスの根底には、”信頼”というキーワードを何度も使っていました。

ロシア側の考え方を予め明らかにすることで日本側の出方をみるという戦術的なものも感じ取れ、安倍首相の外交手腕を期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする