無断駐車をやめさせるために、200円の損害賠償を求めた訴訟について思った事

スポンサーリンク

訴訟の内容について

200円の損害賠償を求めての訴訟というのは、まず聞いたことがありませんが本当に2016年12月14日に大阪地方裁判所で月決め駐車場に約40分間無断駐車した女性に200円の支払いを命じました。

原告は弁護士をつけずに提訴しており、裁判に必要な印紙代等で5000円以上の費用がかかっていますが、「年間100台くらいの無断駐車があり、やめてもらうために訴えた」と話している。

引用元:

裁判の行方

被告は軽乗用車を無断で止めた場所は空き地であり、土地所有者に損害が生じないと主張しましたが、比嘉裁判長は「所有者には自分の土地を承諾なく利用されない権利がある」として、退けました。

この裁判を見て思ったのは・・・

話を聞いていて当たり前の結論が出ましたが、当事者同士の話し合いでは決着がつかない程に話がこじれていて、注意しても改善されない方が他にもかなりいそうです。

ただ今回の判例では近隣の駐車場の請求しかできなかったことを逆手に取り、今後も無断駐車した人が見つかったときだけ駐車料金を払えばいいと誤解しないようにして欲しいと思います。そのための対策を忘れないようにすることも大切かもしれないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする