日露首脳会議の結末 多くの国民はがっかりしたのじゃないか? 話合いの根底にあった考え方について安倍首相が話していたこと

スポンサーリンク

2日目の首脳会談が終わりました。

日本人の多くはがっかりしたんじゃないかと自民党の二階堂も話していました。

4島返還の足掛かりができることを期待され、大注目された会談でしたが、結果については、思っていた内容と大きく相違する点があり、4島返還について何ら進展がなかった事に失意した人も多かったかと思いました。

その後の安倍首相の話の中で歴史上の正義を言い争ってもまるで進展せず、日本人が現在一人もいない北方領土の返還について、今度は住んでいるロシア人を追い出すという形を取るのは決してベストな解決策ではないのじゃないだろうかという事だったようです。

ロシアが望むのは、日本人とロシア人が共生するそんな島を目指したい、追い出し、追い出されるようなものじゃないというのが根底にあったようです。

ロシアのプーチン大統領も一番大切にして目指しているものは平和条約であって、島で共生してロシアでも日本でもないルールの中で経済協力関係を結び信頼の情勢を磨こう、そして平和条約を目指そうという意図があるようです。

もはや返還しろと言って帰ってくるものではないし、第三者が調整してくれる訳でもない。
そんな簡単なものなら70年もかかっていない。

ロシア人と日本人が追い出し、追い出されるようなものではなく共生、信頼が大きなテーマで平和条約を結び、現状ロシア人がほとんど住んでいない2島なら返還の可能性もあるという事なのかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする