ジンギスカンって どうして北海道でお店が多いのか気になった。

スポンサーリンク

ジンギスカンっていうのは羊の肉です。

牛や豚と違って、臭いが強烈であるため、あまり市場に広がらなかったものの、噛みごたえがとても独特で他とは全然違う食感であるのに加え、色々なメーカーが独自に作った味付けでガラリと印象が変わるジンギスカンは北海道では人気があります。

私は北海道育ちで会ったため、ジンギスカンが北海道でしか食べられないと大人になるまで知りませんでした。

そして流通がここまで便利になった現代になっても、ジンギスカンのお店が全国的にも少なくて、北海道でしか食べられないという事にビックリしています。

どうしてジンギスカンは北海道でしか食べられないのか?

軍服の生地を生産するのに北海道で羊がたくさん飼育されるようになり、羊毛を取っていたものの、戦後は安い化繊も多量に出回り、羊毛の需要が落ちてしまい、羊の飼育事業の有効活用として本格的に羊肉を食べる習慣ができあがっていったとのことです。

北海道の人にしか受け入られない気がするジンギスカン

食べなれているせいなのかもしれませんが、ジンギスカンを美味しいと思うのですが、大学時代の道外出身の友人たちには独特の臭いの強さに「あまり美味しいとは思えない」という声も結構聞こえていました。

確かに北海道でもジンギスカンを食べるときは、臭いが服につくため、あまりおしゃれな服を着ないようにしたり、自宅で食べるときは洗濯物をしまい込んだりします。

「そこまでして食べるものなの?」がもしかするとジンギスカンを道外で食べない理由の筆頭かもしれません。

食べるのが大変、臭いが強い、そして少し高いジンギスカンというのは、確かに流通に関係なく普及が難しいのかもしれない。別にジンギスカン以外にも美味しい肉料理が、どこでも誰でも食べられる時代なので流通が劇的によくなっても普及しないのには、そんな訳があるのかもしれません。

北海道に遊びにきた時には一度は経験して欲しいジンギスカン

臭いがきつく、食べなれないジンギスカンですが、もし良かったら北海道に遊びにきた際にはぜひ食べて欲しいもののひとつだと思います。

北海道には、ビール園といって各ビールメーカーが主催しているジンギスカンのお店があるのですが、ビールを飲みながらみんなでジンギスカンを食べるのは北海道民の大きな楽しみのひとつです。北海道文化としては、おすすめなので、ぜひ試して貰えたら嬉しいです。

www.asahibeer.co.jp
 
アサヒビール園 白石トップ | アサヒビール園
https://www.asahibeer.co.jp/restaurant/garden/shiroishi/
アサヒビールホームページ,新鮮な工場直送の生ビールをアサヒビール園でお楽しみください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする