思い出に残る札幌の観光スポット『大通公園』

スポンサーリンク

さっぽろのイベント会場と言えば、絶対に「大通公園」

札幌の中心地である大通公園は、さまざまなイベントが開催されており、冬は雪まつりの会場となり、春は「YOSAKOIソーラン祭り」のメイン会場、夏はビアガーデンその他テレビで中継されるような大型イベント会場としては、ここが外されることがありません。

その立地は札幌市街地の中央を東西に伸びていて、巨大なテレビ塔があるのもこの場所です。時間に関係なく多くの人々が歩いていて、休むところも沢山あるため多くの緑、色とりどりの花々、そして美しい噴水や彫刻に囲まれた、憩いのスポットとして知られています。

最近では、大通公園の地下に「地下歩道空間」が建設され、夏の日差しが強いときや冬の寒さを凌ぐにとても役立つものができました。

大通公園の場所は、JR札幌駅から徒歩で南に歩いてつく場所にあり、高層ビルが立ち並ぶ場所からいっきに広がって見えるので見落とすことはないと思います。

地下鉄で向かうのであれば、札幌市に通る地下鉄のすべての路線が「大通駅」を通過するため、地下鉄に乗れば迷うことなく、この公園にたどり着くことができるため非常にアクセスが楽です。

また札幌市内にある有名な観光スポットである「時計台」「北海道庁旧本庁舎」までの距離が非常に近いのも魅力があると思われます。

ただ「札幌時計台」は、周囲に大きなビルが立ち並んでしまい、観光スポットとしては、今は残念なものになってしまっています。話のネタにちょっと寄ってみるくらいのもので良いかもしれません。写真では、とても綺麗なのですけどね。

写真の出典は札幌時計台: f.hatena.ne.jp、道庁旧本庁舎:ウィキペディア

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする