異常気象でバニラアイスの値上がりが避けられない。

スポンサーリンク
異常気象の影響でアイスクリームのバニラの価格が高騰している。

バニラの原材料であるバニラビーンズは、アフリカで生産されていますが、異常気象の影響で干ばつ等が起き、バニラビーンズの品不足が深刻化しているらしい。

新興国中国などでもアイスクリームの需要が急激に増加しており価格は5倍になっているようだ。ニューヨークなどでも価格が既に2倍になってます。

日本でのバニラアイス事情

日本においても原材料バニラビーンズの仕入れは4月の段階で昨年の仕入れ価格の2倍に達しており、今後アイスクリーンの販売シーズンである夏に向けて、価格をどこまで維持できるかお店屋さんは頭を悩ませている。バニラは夏に食べにくくなるかもしれないでので、今のうちに味わってしまうのが良いですね!

バニラの生産地について

メキシコか、中央アメリカ原産で、現在はマダガスカルを中心に熱帯各地で栽培されている。全世界生産量1,000万トンのうち、インドネシア、マダガスカル、中国の3カ国で9割弱をの生産シェアを占める。日本では福岡県等で商業用にバニラが栽培されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする