B型肝炎の感染経路や初期症状、給付金の内容について

スポンサーリンク

給付金などのテレビCMでも見かけるB型肝炎とは、どんなものなのか?
B型肝炎の感染経路や初期症状についてご紹介します。

またB型肝炎だった場合に、どんな方が国から給金を得られるのかについて説明します。

B型肝炎とは

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが血液や体液を介して感染して発症する肝臓の病気です。

このB型肝炎ウイルスは、日本では日本では、約130〜150万人ほどいると言われており、日本人の100人にひとりは感染している計算になります。

B型肝炎ウイルス(HBV)は最初に肝臓に感染して肝炎と呼ばれる炎症を起こします。
その後、肝炎が続くと慢性肝炎や肝硬変、そして肝がんになっていく可能性があります。

B型肝炎の感染経路

B型肝炎の感染経路は、大きく分けて垂直感染と水平感染に分けることができます。
垂直感染とは、病原体が母親から子供へと感染することをいいます。
水平感染とは、人から人又は動物から人への感染をいいます。

垂直感染(母子感染)

B型肝炎の感染の多くは、以前は母子感染が多かったです。現在では母子感染防止対策がとられているため、母子感染はほとんど起きていないと考えられています。

母子感染とは、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している母親が、血液を介して赤ちゃんに感染させることです。母子感染した乳幼児は免疫機能が未発達であるため、HBVに感染してもHBVを異物と認識することができなかったり、また認識したとしても排除できずにウイルスが肝細胞にすみつき、感染した子供は無症候性キャリアとなります。

無症候キャリアとは?

病原体による感染が起こっていながら、明瞭な症状が顕れないまま、他の宿主(ヒトや動物など)にその感染症を伝染させる可能性のある宿主のこと。
特に細菌による感染の場合は、無症候性保菌者、健康保菌者と呼ばれることもある。(ウィキペディアより)

感染した赤ちゃんが成長し、免疫機能が発達する思春期~30歳ごろになると、今度はウイルスを排除しようとして肝細胞を攻撃し始め、肝炎を発症してしまうことになります。
この場合の肝炎は軽度が症状で終わることが多く、その後肝障害が進行することは少ないと言われています。それでも約10%の方は慢性肝炎になることがあります。またHBV感染者の約1~2%の方が、 肝硬変、肝がんを発症してしまうと言われています。

水平感染

医療事故によるもの

以前行われていた医療従事者の予防接種での注射器の使いまわしやHBVに汚染された血液の輸血に伴う感染がありました。現在ではワクチンの接種や医療環境の整備、献血された血液に対する適切な検査が行われるようになり、医療現場でのHBVの感染はほとんど起きていません。

器具による感染

ピアスの穴あけや入れ墨などで体に傷をつける器具が適切に消毒されず、繰り返し使用される場合には感染する可能性があります。
カミソリなど血液が付着することがあるものを不特定多数の人で使いまわすのも感染の可能性が出てきます。

性交渉による感染

近年、最も多いものに、性交渉による感染があります。
性交渉を持つときにはコンドームを使用することが有効な予防策になるということです。
また不特定多数の方と性交渉を持つことはなるべく避けることが大切です。

またB型肝炎ワクチンの接種により感染を予防することができます。

B型肝炎の検査について

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていて、自覚症状が現れにくく、初期症状が認識できるレベルで感じられるとかなり悪化していることも考えられます。

初期症状がなくても以下に該当する方は、血液検査することをおすすめします。

  • 家族に肝炎ウイルス保有者または肝がんの患者さんがいる方
  • 輸血や大きな手術を受けた方
  • 母子感染予防策が実施されていなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた方
  • 不特定多数の方と性交渉をもった方

B型肝炎の症状について

初期症状

B型肝炎ウイルスに感染した方の期症状としては、倦怠感、食欲不振、悪心・嘔吐等があり、その後、皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる黄疸が見られることもあります。

ですが肝臓の疾患は自覚症状に乏しいものが多く、認識は困難だと思われます。

悪化させた場合に起きる慢性肝炎などになっても、自覚症状は出にくいと言われているため、初期症状はほとんどないと考えるのが妥当な気がします。

B型肝炎の給付金って何?

「特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」という特別措置法が施行され、過去に集団予防接種等の注射器連続使用によってB型肝炎ウィルスに感染した場合には、国から最大3,600万円の給付金が支給されるというものです。

対象となる方

国の給金の支給対象は本人が医療事故に巻き込まれている人に限らず、親が感染させられ、母子感染した場合の子供もその対象になっています。

(1)対象者

給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)となっています。

(2)対象者の認定

給付の対象者の認定は、裁判所による和解手続き等によって行います。
給付金の支給を受けるためには、国に対して損害賠償を求める訴訟の提起または調停の申立等を行い、支給対象者として認定される必要があります。

引用元:厚生労働省『B型肝炎訴訟について』

支給される金額について

病態の状態により金額が変わってきます。病状に応じた給付金制度があるため、資料収集と確認し、和解を目指すための裁判となります。

個人レベルでは、難しいため、弁護士に相談するものとなります。そのためテレビでは弁護士事務所のCMが多いものになります。

状態 給付額 備考
死亡・肝がん・肝硬変(重度) 3,600万円
死亡・肝がん・肝硬変(重度) 900万円 発症後20年経過している方
※再発した方は再発時から起算
肝硬変(軽度) 2,500万円
肝硬変(軽度) 600万円 発症後20年経過している方
※治療を受けていた方
慢性肝炎 1,250万円 20年経過していない方
慢性肝炎 300万円 発症後20年経過、現在治療中の方
慢性肝炎 150万円 発症後20年経過、現在治療していない方
無症候性キャリア 600万円 感染後20年経過していない方
無症候性キャリア 50万円 感染後20年経過した方
※検査費用も負担されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする