鶏もも肉の唐揚げの最高の味付け~クックパッドのおいしい人気料理

スポンサーリンク

鶏もも肉の唐揚げは、どこの家庭でも良くテーブルに乗る定番メニューだと思いますが、味付けに至っては、各家庭さまざまだと思います。

店頭に並ぶ鶏もも肉の唐揚げの味付けも実にいろいろありますが、私はお店のものより、家で作るものの方が美味しく感じています。

クックパッドでの絶賛おすすめ料理について

カリッとジュワッと 家族絶賛鶏の唐揚げ。

□材料 (4人分)

鶏もも肉 2枚(600g)
●酒 大さじ2
●おろし玉ねぎ 1/4個分
●おろしにんにく 小さじ1
●おろし生姜 おおさじ1~
●塩 小さじ1
●醤油 大さじ1.5
●ゴマ油 小さじ1
●片栗粉 適量

作り方

(1)鶏もも肉のカット

鶏もも肉は、大きめの一口大にカットし、ニ重にしたビニール袋に入れる。

(2)味付け

●の調味料を上から肉の入ったビニール袋の中に順番に加えていきます。
その都度しっかり揉み込むようにして、全部入れたら30分~1時間くらい冷蔵庫で冷やしながら味を染み込ませます。
※酒とタマネギのすりおろしが良くもみこまれるとジューシーに仕上がります。

(3)揚げる準備

別のビニール袋に片栗粉を入れて、さっき準備した鶏もも肉の水分をきりながらひとつづつ移していきます。移し終えたら袋をふって片栗粉を全体にまぶします。

(5)二度揚げ

2度揚げするため、170度の油で一度揚げ、少し色づいてきたら取り出し、2~3分冷そのまま置いておきます。

油の温度を200度に上げて、ふたたび鶏もも肉を油に入れて今度はカラッと色良く揚げます。油をしっかりきって完成です。
※2度揚げする事で、食感が変わり、外のカリッと感と中のやわらかな感じが出ます。

油の温度の見分け方

衣を少量油に落したり、油の中に箸を入れる事で温度が大まかに見分ける事ができます。少ない油の場合には、食材を入れることで温度が急激に変化するため注意が必要です。

■油の温度が150~170℃の低温の場合

衣が鍋の底に一度沈み、少ししてからあがってきます。
箸を油に入れ、少しすると先端から細かい泡がまばらに上がってきます。

■油の温度が170~180℃の中温の場合

衣が鍋底につく前に浮き上がってきます。
箸を油にいれると、すぐに細かい泡があがってくるのを確認できます。

■油の温度が190~200℃の高温の場合

衣が油の表面で散るほどです。

唐揚げの味

スタンダードだけど、安心する味の鶏もも肉のから揚げだと思います。
二度揚げは、はっきり温度が分かれると本当に食感が違うので、せっかく上げた油の温度が急激に変化しないようにすると最高の食感が出ると思います。

子供たちも本当に喜んでくれました。
たぶんスーパーの店頭に並ぶ唐揚げより、ずっと美味しいのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする