パンケーキシンドロームの症状と対策(小麦粉などの保存場所など)

梅雨の時期には時にパンケーキシンドロームに注意する必要があります。

これはパンケーキなどを食べたときに起きるもので、症状として多いのは腹痛やじんましん、ぜぇぜぇハァハァといった呼吸困難の症状が出てきます。

場合によってはアナフィラキシーになり意識不明にもなることがあるため、死に至る可能性もある怖いものです。

年間通じて注意する必要がありますが、特に梅雨の時期に注意が必要なものなので対策についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

パンケーキシンドロームとは?

パンケーキシンドロームの症状について

主な症状としてはは皮膚症状が多く、全身の紅斑こうはん、じんましん、かゆみなどが出るほか、呼吸困難が苦しくなったりすることもあります。

また重篤の場合には意識低下、ショックなどの全身的なアナフィラキシーが生じる場合もあり、症状から小麦粉アレルギーになったかなと思う方が多いようです。

原因について

パンケーキシンドロームは、食材の成分ではなく、ダニが原因によって引き起こされます。

特にダニアレルギーを持つ方は危険なようです。

絨毯などに良くいるコナヒョウヒダニと呼ばれるダニが、小麦粉やお好み焼きの粉などの中に混入し、料理を通じてヒトの体内に入り込む事で引き起こされます。

進入したダニの死骸やフンでもパンケーキシンドロームが引き起こされるため、加熱などしても予防する事ができません。

対策について

小麦粉等は冷蔵庫に保管

小麦粉やお好み焼きの粉にダニが混入しないように工夫することが大切です。

多くの家庭ではシンクの下などの湿度の高い常温の場所で保管されている事が多いのですが、その場所はダニの繁殖しやすいため、実は避けたい場所になります。

そのため湿度が少なく低温な冷蔵に保管することが良いです。

保管方法など

密封保存が基本

小麦粉やミックス粉、片栗粉などの粉ものが入った袋は、開封後はすみやかに小分けにして、蔵庫に保管することが大切です。

開封後、密封しない状態でしばらく経過した粉ものなどは危険なので、心配な場合には廃棄した方が良いこともあります。

粉もの以外のダニの混入可能性

小麦粉やお好み焼の粉のほかにも、以下のものにもダニが混入しています。
ダニの餌となれるもの、特にダニが潜り込めるものが危険です。

・みそ
・かつおぶし
・チョコレート
・チーズ

開封後すぐに消費できない場合には梅雨の時期だけでも冷蔵庫に保管するこをおすすめします。

ダニが繁殖しやすい環境

原因となるダニは、温度は25〜30℃、湿度は60~80%がダニにとっての好条件になるため繁殖しやすい環境になります。台所で常温保存されている粉類には、このようなダニが好む条件が揃っていて、特に梅雨の時期には湿度も高くなる傾向にあるため注意が必要となります。

まとめ

小麦粉の保管場所などは、間違えた認識の家庭が非常に多いため、この時期は本当に注意が必要です。自炊が多かったり、家族がいっぱいいて開封後にすぐなくなる場合には良いのですが、開封された古い小麦粉を使用するのは、やめた方が良さそうです。

あまり高いものではないので、無理はしないようにした方が良さそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする