ブラックリストに載ってしまったら、どうなる?

スポンサーリンク

ブラックリストとは?

破産などの法的措置を行ったり、クレジットカードの支払いを延滞したりした場合、その情報が信用情報機関に記録されることいいます。
この信用情報機関は日本国内では3つあり、それぞれ情報共有しています。

(1)「CIC」 シーアイシー クレジットカード会社・信販会社など
(2)「JBA」 全国銀行個人信用情報センター 銀行・信用金庫・協同組合など
(3)「JICC」日本信用情報機構 信販会社・消費者金融など

個人信用情報には、債権者の氏名や生年月日、住所、職業や年収、現在の借入残高などの現在の情報や過去の返済履歴などが記録されています。
クレジットカードやカードローンなどの申込みがあった場合の審査に用いられる事が多いです。

ブラックリストに名前が載る場合は、どんな場合か?

ブラックリストに名前が載るとき

信用情報機関に名前が載るのは以下の場合になります。

①任意整理や自己破産などの法的な債務免除を受けた場合
②クレジットカードなどの返済が3か月(CICは61日)以上滞った場合
③利用者以外の連帯保証人や保証会社などが返済した場合

※クレジットカードの利用記録などは通常2年分は保存されています。

以前は、過払金返還請求した場合もブラックリストに名前が載ることがありましたが、現在はなくなったようです。特に完済後の過払金返還請求であれば絶対といえるほど大丈夫なようです。

携帯電話の未払いでもブラックリストに名前が載ることがあります。

電話料金の未払いではブラックリストには名前が載りませんが、携帯電話の本体価格が割賦販売(分割払い)の契約になっていることがあります。
電話料金のつもりで支払いを後回しにした結果、割賦契約において延滞し、個人信用情報に傷をつける事故が過去にありましたので注意が必要です。

ブラックリストから名前が消えるとき

内容によって記録が残っている期間は決まっており、その期間が過ぎればブラックリストから情報が消えます。
法的措置などは長期間記録が残ってしまう傾向にあります。

ブラックリストに名前が載る事のリスクについて

ブラックリストに名前が載ると背負うリスクは次の2つです。

(1)クレジットカードの審査に落ちる。

新たにクレジットカードを作ることができなくなります。
発行済みのクレジットカードは債務残高によっては利用できる場合がありますが、会社によっては返還を要求されることもあります。
カードの更新時になっても新しいカードが送られず、更新されない可能性があります。
※ETCカードも使えなくなる可能性が高いです。

(2)ローンが組めなくなる。

住宅ローンやマイカーローンを組むことができなくなります。

ブラックリストに名前が載っても大丈夫なこと

  1. クレジットカードの利用ができなくなっても、銀行口座の残高で支払いを行うデビットカードは利用することができます。
  2. 住宅ローンについては延滞しない限りは、そのまま家に住むことができます。
  3. ブラックリストに載ったことで仕事を解雇される事はありません。
  4. 運転免許証の更新なども問題なくできます。
  5. 選挙権もしっかりありますので、大丈夫です。

まとめ

ブラックリストに名前が載る事のリスクは、クレジットカードのような短期間のものであっても金融系の会社からの融資は難しいものになるということです。しかし飲み屋のツケなどは問題なくできますし、普通の生活をしている分には影響はほとんどないのが実態です。

ただし一度でもブラックリストに名前を載せてしまえば、金融機関からの信頼はガタ落ちで、ブラックリストから名前が消えたとしても相手からの信頼回復まで時間がかかることがあります。基本的には一度たりともブラックリストに名前が載らないようにきちんと返済計画を組み、支払い能力を超えた融資を受けない事が大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする