平成29年8月からスタートする国民年金の新しいルールで、年金を受給できる方が増えます。

スポンサーリンク

これまでは、年金を受け取るためには、保険料の納付済期間が25年以上必要であり、過去の保険料を支払えない事もあったことから、年金の受給が絶望的な方もいらっしゃいました。

しかし平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば年金を受け取ることができるようになります。できるだけ簡単に概要を説明したいと思います。

参考先:日本年金機構

資格期間が10年以上となれば、年金を受け取れます。

年金は資格期間が25年以上必要でしたが、これが10年になることで、年金支給の対象者が増えることになります。

ですがもらえる金額は、納付期間により増減しますので長くかけた方が不利になることもないようです。

資格期間とは?

年金がもらる人であるかどうかの判定に利用される期間になります。
具体的には次の期間の合計の事をいいます。

  1. 国民年金の保険料を納めていた期間
  2. 国民年金の保険料の納付を免除されていた期間
  3. サラリーマンの期間
  4. カラ期間

カラ期間とは?

具体的には次の期間を言います。

①昭和61年3月以前にサラリーマンの配偶者だった期間
②平成3年3月以前に学生だった期間
⓷海外に住んでいた期間
④脱退手当金の支給対象となった期間など

カラ期間は、受給対象になれるかどうかの判定の期間である資格期間にカウントはできますが、もらえる年金額の算定には反映されないので注意です。

資格期間が10年に短くなりました。

これまでは年金の受給に必要な資格期間は25年になっていましたが、2017年8月以降については、この期間が10年に短縮されることになります。

画像出典:政府広報:厚生労働省『年金のパンフレットより』

年金の受給額は納付した期間に応じて決まります。

年金の実際の受給額については、納付した期間に応じて決まります。
40年間保険料を納付した方が満額を受け取ることができますが、10年納付では、受け取れる金額はおおむね1/4になります。

国民年金の支給額(年額)

納付期間40年・・・78万円

納付期間25年・・・49万円

納付期間10年・・・19万円

10年納付で受給者になるためには手続きが必要です。

該当者には黄色い封筒が届く

資格期間が25年未満でも10年以上はある方は、新たに年金を受け取れるようになりますが、そのためには、手続きが必要になります。対象者に対しては日本年金機構から黄色い封筒で”年金請求書”が郵送されてくることになっています。

2017年7月10日くらいを目途に順次、発送しているようです。
届く方は、すぐに支給される65歳以上が優先的になっています。

送付されてくるものの内容は以下のようになっています。

該当すると思ったら積極的に確認

資格期間が25年に届かない事が明らかであり、年金の受給を諦めていた方の中には、現住所等の変更があった場合にきちんと手続きをしていない可能性もあります。

該当するかもしれないと思う方は、郵便物を待つだけではなく、積極的にお近くの年金事務所に確認するようにした方が良いかもしれません。

受取までのスケジュールについて

手続きを終えて年金の受給が決定すると、平成29年8月以降に「年金証書・年金決定通知書」が送られてきます。

実際の年金の受給は平成29年10月以降になります。

※、65歳以上70歳未満の方で、国民年金の任意加入制度をご利用されている方の中で、平成29年8月1日に老齢年金の受給権を満たした方については、平成29年7月分の保険料が納付されていることを確認後に年金額が決定するため、もう少し受給が遅れる可能性もあります。

まじめに払ってきた方の年金が減るのではないか?

今回対象者を増やすことで、本来まじめに長期間払ってきた方の年金受給額が減るのではないかという心配の声があるようですが、その可能性は実はあります。

無年金者の問題にスポットを当てて、幅広く救済しようとする措置であるため、万人にとって良い改正にはなっていないようです。

注意点

資格期間の10年というのは、年金を貰える対象になるというだけです。

国民年金を満額受給するためには40年間の納付期間が必要であり、10年しか納付期間がない場合には、とても生活できるものではないので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする