【北海道観光】101種類のJR北海道わがまち『ご当地入場券』

スポンサーリンク

2017年7月20日より、発売開始された『JR北海道わがまちご当地入場券』は、101の市町村の協力を得て、それぞれの街の表情と鉄道風景をひとつのきっぷにのせて、JR北海道わがまちご当地入場券を発売されました。

このご当地入場券は、それぞれ101の街に行かないと購入することができず、北海道旅行の記念に、可能な限り脚を運んでもらえたら嬉しいです。

ご当地入場券について

JR北海道わがまちご当地入場券は、JR北海道が発売する各駅の普通入場券です。
発売額は、1枚170円になっていて、小児用の発売はありません。

(オモテ面)

(ウラ面)

2017年7月20日の発売当初は、まずは81の駅で発売され、20駅については順次発売されていくことになります。

鉄道ファンはもちろん、そうでなくても綺麗な景色と電車が描かれた入場券は、集めたくなると思います。

各駅や街の特徴が出ている入場券

夕張駅の入場券

夕張メロンでおなじみの夕張駅の入場券にひあ、スタンプがメロンになっていますね。

街にゆかりのある電車や施設などが入場券の表と裏に描かれています。

「JR北海道 わがまちご当地入場券」専用コレクションファイル

専用ファイルなんかも。あるみたいです!

結構ゴージャスな感じですが、価格は2,000円とお買い求めやすいものになっています。

…初回生産は、500冊ということなので、あっという間に売り切れてしまいそうです。

※JR北海道ホームページより

北海道観光客じゃなくても、集めたくなる入場券

残念ながら101駅すべてが同時に開始することができませんでしたが、全体の8割の81駅では、2017年7月20日より、購入することができるようです。

今年の夏も、とても暑いようなので避暑に北海道に来た際には、ひとつでも多くの街をめぐり、入場券を集めてみてはいかがでしょうか?

私は北海道に住んでいますので、ぜひ集めてみたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする