冷凍焼き鳥を家庭で、解凍せずにフライパンで簡単に美味しく焼く方法

スポンサーリンク

冷凍の焼き鳥を解凍せずに美味しく焼く方法

冷凍の焼き鳥は、凍ったままでもフライパンで焼くことができます。

冷凍焼き鳥の焼き方を調べてみると、解凍してから焼く方法が多く紹介されていますが、普通に解凍するとかなり時間がかかり、場合によっては5~6時間かかってしまう事があります。

また肉の水分が抜けてしまい、パサついてしまうことがありますので、フライパンで解凍しながら焼く方が、うま味がしっかりと残って美味しく焼けると思います。

冷凍焼き鳥のフライパンでの焼き方

(1)肉を並べてみる

フライパンに油を敷いて、焼き鳥をフライパンの上に重ならないように並べます。

底が平らな大きめなフライパンだと焼きやすいと思います。今回はちょっとでも平らな面が多い、卵焼き用のフライパンを使ってみました。

(2)蒸すようにして解凍する。

フライパンにお酒(水でも可)を少量入れて、フタをして中火で蒸すように解凍しながら焼き始めます。

※4本当たり、酒20cc

1~2分経過したらひっくり返して、いよいよ焼きに移ります。

(3)中火でじっくり時間をかけて焼く

冷凍焼き鳥は中火で、じっくり5~6分かけて焼きます。

冷凍焼き鳥は、中心まで凍っているため、強い火力で焼くと外側だけ焦げてしまい、中が生のままになるため、時間をかけて、じっくり焼くことになります。

フライパンに入れて1~2分ほど経過した後は、フタはもう使いません。

焼いている最中は、焦げないように途中何度かひっくり返していく必要があります。

また塩コショウの味付けなら、焼きながら塩コショウをかけて良いですが、タレは焼いている時にはかけてはいけません。

真っ黒に焦げてしまいます。

色が変わり、中まで十分火が通ったら、最後に火を強火にして焼き目をつけて出来上がりになります。

繰り返して焼く場合

何本も焼く場合には、フライパンに油が残っていると思うので、そのまま次の冷凍焼き鳥を並べて焼くことができます。

冷凍焼き鳥の注意点

何本も焼く場合には、換気扇をフル回転させていても、家の中に焼き鳥の臭いが強く残るため、室内に洗濯物がある場合には注意です。

また冷凍焼き鳥は、見た目が焼けているように見えても中が生であることもあるので、焼き上がりを見た目で判断せずに、味見するか、時間をしっかり測ることが大事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする