痛風予防には、牛乳が良いらしい! 食事療法よりは、毎日コップ一杯の牛乳

スポンサーリンク

NHKのガッテンで「プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP」(2017.1.4放送)

で放送された痛風患者に嬉しいニュースがありました。

引用元:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170104/index.html

痛風は、今では肥満男性だけではなく、若い方や女性にも発症してしまう病気になっていて、特に女性は痛風になったことを言えないで困っている方も多いと聞きます。

痛風は、薬を飲むことで発症を抑えることができますが、一度薬を服用すると長期間の服用が必要になり、できれば薬は服用したくないという方が、かなりいます。

サプリメントも安いものではないので、今回ガッテンで紹介された牛乳(低脂肪牛乳)が痛風対策になるというニュースは、とても嬉しいですね

痛風とは?

血液の中の尿酸値を高いまま放置(7.0mg/dL以上)していると、これが結晶化してある日、とてつもない激痛に襲われます。

人によっては歩けなくなる他、この痛みは1週間ほど続くことがあります。

尿酸値が高い状態を高尿酸血症と言います。

尿酸値が高くなる理由

尿酸値はプリン体を肝臓が分解するときに発生するものです。
新陳代謝で80%、食事から20%が体内に取り込まれるということで、プリン体を多いものを我慢しても、それほど大きな効果が望めないということが近年わかってきました。

体内に取り込まれた尿酸は、尿や汗を通じて体外に出す必要がありますが、体外に放出する能力が低い方は尿酸値が高くなってしまいます。

体外に放出する能力が下がる原因は、遺伝(体質)と肥満です。
遺伝は、生まれながらに体外に出す能力が低いため、若い方や女性にも高尿酸血症になる方いると言います。

また肥満の方も、肥満になると体内で血糖を処理する「インスリン」が余りがちになります。インスリンは尿酸の排せつを邪魔する方向に働くので高尿酸になりやすくなってしまいます。

尿酸値を下げる方法

尿酸値を下げるためには、尿酸を体外に出すことがとても大事です。

その方法は、毎日コップ一杯の牛乳を飲む事です。

特に低脂肪牛乳が効果が高くてお勧めです。

牛乳に含まれるカゼインという成分が尿酸を体外に出す効果があるようで、いちばん手軽なものと思われます。

また牛乳以外にもヨーグルトなども効果が高いですので併用すると良いみたいです。
ただし、豆乳にはカゼインが含まれていないので効果はありません。

また肥満解消も効果があります。

ダイエットの難しさは、説明不要と思われますが、ダイエットすることで、尿酸を排泄するのを邪魔するインスリンをおさえることができます。

激しい運動は逆効果

無酸素運動と呼ばれる激しい運動は、体内に大量にプリン体を生成してしまうため、できるだけ避けた方が良いと言われています。

できればプールの中をウォーキングしたり、散歩など有酸素運動でダイエットをするのが良いとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする