痛風の原因となるプリン体について

スポンサーリンク

プリン体とは?

プリン体とはヒトの体の細胞の核に含まれるDNAの成分でエネルギー伝達物質で欠かせない重要な物質です。

すべての細胞内にあるため、肉や魚、穀物など食品には、プリン体がほぼ含まれていて、特にレバーやエビなどに多く含まれています。

人の体内にあるプリン体の8割は、細胞の代謝や運動によって自己生成されたもので、食事を通じて摂取するプリン体は全体の2割程度です。

プリン体は、どのように体内で作られる?

細胞の新陳代謝で生み出されるプリン体

ヒトの体は、常に新陳代謝が行われており、古くなった細胞は分解され新しい細胞が作られますが、その際に古くなった細胞から細胞核が放出され、その細胞核が分解されるときにプリン体が体内で作り出されるのです。

運動で生まれるプリン体

日常生活や運動、体温維持に使われるエネルギーは食事から作られたエネルギーを利用しています。

このエネルギーにはプリン体が含まれているのですが、エネルギーを使用した場合に「アデノシン二リン酸(ADP)」という物質が生み出され、通常これはエネルギーに再合成されていきプリン体も再利用される流れになっています。

ところが激しい無酸素運動を行った場合には、エネルギーが大量に使用されるため再合成が間に合わず、どんどんADPが体内に蓄積されます。

この蓄積したADPが分解処理される際にプリン体が生み出されてしまうのです。

痛風とプリン体の関係について

痛風発作の原因は、体内にある尿酸という物質が原因となっています。

血液中に流れる尿酸は増えると飽和し、溶けきれなくなった尿酸が結晶化して塩となり、関節腔内にこびりつきます。

そして、何らかの原因で剥がれ落ちたとき、白血球が尿酸塩を敵として認識し、その攻撃の際に炎症を起こす化学物質や酵素を放出して激痛が生じることになります。

この尿酸は「プリン体」が代謝した結果、生じる老廃物であり、プリン体の生成を抑える事は尿酸の生成を抑える事につながります。

痛風が起きる原因について ~尿酸塩結晶と白血球の戦い

尿酸について?

補足関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする