正常な尿酸の範囲について

スポンサーリンク

正常な尿酸の範囲について

痛風の原因となる尿酸値の適正値は、男性と女性でその範囲が異なります。
男性が 3.8~7.5mg
女性が 2.4~5.8mg

これらの数値は血液検査によって調べる事ができ、健康診断や人間ドックなどで血液中に含まれる尿酸の濃度として「尿酸値」、「血清尿酸値」と表示されます。

この尿酸は血液中に溶けきれず結晶化して塩を形成することで痛風の原因となる訳ですが、尿酸が血液中に溶け込める最大値、つまり飽和する数値は7.0mg/dLであり、この値が尿酸値の基準値とされます。

この基準値である7.0mg/dLを超えると高尿酸血症と呼ばれ異常という判断がされます。

つまり基準値を超えると血中にある尿酸が溶けきれず、結晶化し始めていることを示しており、この状態を放置していると痛風のみならず、尿路結石や腎障害を引き起こすことになるため注意が必要だという事です。

尿酸値の注意点

尿酸値は実は絶えず変動していて、正しい数値を測定するには2~3回の血液検査を行い、その平均値から尿酸値を推測するというやり方が正しいようです。

しかし実際には、よほどの事がない限り一日に数回血液検査をすることはありません。

そのため、短期間に血液検査を行い、尿酸値が多少上下していたとしても驚かないで、あまり数値の結果に振り回されない事が大切です。

中長期の数値の変動をみて、7.0mgに対して、どのくらいのポジションにいるかを把握するくらいでちょうどいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする