痛風に良く似た症状「偽痛風」って なに?

スポンサーリンク

60歳以上の高齢者が、関節のあちこちで、突然痛みを引き起こす痛風に良く似た症状です。

症状は痛風に良く似ていますが、痛風の最大の特徴である尿酸の上昇等がないため偽痛風(ぎつうふう)と呼ばれます。

関節リウマチや痛風と非常に似ているため、偽痛風とは診断がされにくく、あまり聞かない病気ではありますが、この症状に悩む方は非常に多いと言われております。

saya0I9A4189072170014

偽痛風とは

痛風は血中の尿酸が増加し、尿酸塩結晶が痛みの原因となりますが、偽痛風は軟骨石灰化症とも呼ばれ、偽痛風は尿酸ではなくピロリン酸カルシウム結晶という結晶が関節液中に沈殿することによって起こります。

痛風発作も偽痛風も、白血球などがこれらの結晶を排除しようとして、その際放出される化学物質が炎症の原因となるのですが、この点のメカニズムは非常に良く似ています。

偽痛風の症状

偽痛風は60歳以上の高齢者に多く、痛みが起きる場所は膝関節が最も多く、ついで手、足、股、肘関節などの比較的大きな関節を中心に発症し、女性にも発症するのが特徴です。

偽痛風の発作は、数か所同時に関節炎を起こすことがあり、痛風発作のように突然痛みはじめ、その後自然に回復しますが、痛みは痛風ほど酷くありません。

急性発作時には関節腫脹、局所発熱、痛みがあり、関節の動きが悪くなります。腕や足の関節に慢性の痛みやこわばりが長びくこともあり、関節リウマチとも疑われる事もあります。

偽痛風の治療

偽痛風の診断は、膝関節痛などに痛みが生じるなど多発性関節炎があり、X線で軟骨石灰化症の存在と関節液を吸引してその結晶の成分を調べることで診断します。

結晶を薬で取り除くことができないため、局所の安静と痛みを取ることが基本です。

急性期には非ステロイド性抗炎症薬の経口投与で痛みを和らげます。

治療方法は痛みを止め、次の発作を予防することが可能ですが、関節が受けたダメージを回復することは難しく多くの患者さんでは膝の変形や動かすと痛みが出る変形性関節症になることが多いです。

合併症について

多発性関節炎は偽痛風の他にも、慢性関節リウマチ、リウマチ性筋痛症、膠原病、乾癬性関節炎、サルコイド関節炎、悪性腫瘍に伴う関節炎、再発性多発軟骨炎、感染症に伴う関節炎、変形性関節症 などいろいろな病気に発展してしまう可能性があります。

どの病院に行くといいですか?

整形外科への受診が良いとされています。

偽痛風は自体は、変形性関節症のように重篤なものにはなりませんが、他の病気とも良く似ている点もあるので、このような症状が出た場合には病院で医師の診断を受けるのが良いです。

補足関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする