痛風に良く似た症状

スポンサーリンク

痛風に良く似た症状

痛風による激痛は、足の親指の付け根からやや土踏まずよりの部分を震源地とするケースが多いのですが、足の関節の甲、くるぶし、アキレス健、ひざなど幅広い場所で起きる可能性があります。

また激痛個所も一か所と限らず、同時に数か所発症することもあります。

そのため痛風と症状が近い激痛であっても、実は違う病気が原因だったりすることもあり、中には痛風と診断するのが難しい病気もあります。

偽痛風

60歳以上の高齢者が、関節のあちこちで突然痛みを引き起こす痛風に良く似た症状です。

症状は痛風ととても似ていますが、痛風の最大の特徴である尿酸の上昇等がないため偽痛風(ぎつうふう)と呼ばれます。

関節リウマチや痛風と非常に似ているため、偽痛風とは診断がされにくく、あまり聞かない病気ではありますが、この症状に悩む方は非常に多いと言われております

「偽痛風」の詳細については、こちら

外反母趾

外反母趾の特徴は、足の親指の先が人差し指側に曲がった状態になっていて、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。

その後その突出部が靴に当たって炎症を起こして次第に靴を履いていなくても痛むようになります。

「外反母趾」の詳細はこちら

変形性関節症

膝や足の付け根、肘、肩などの関節が痛み、腫れなどの症状があり、年齢が高くなるほど女性の発症率が高い疾患です。

痛風に良く似た症状「変形性関節症」

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

蜂窩織炎は主に膝下の皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけて炎症を起こす化膿性の細菌感染症です。

傷口などから入り込んだ細菌の感染が皮膚の深いところで広がり、細胞間質を広範囲に融解しながら細胞自体を壊死分解させる進展性の可能性炎症です。

初期の症状が軽く見えるだけに放置する人が非常に多く、結果重症化するケースがあります。

痛風とよく似た病気 「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」

慢性関節リウマチ

20~40歳の女性に多い、痛風に似た病気で、いろいろな関節が慢性的に痛み、腫れや炎症が全身に広がっていく病気です。

この状況が続くと次第に関節が変形し日常生活に支障が出てきます。

痛風とよく似た症状「慢性関節リウマチ」

補足関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする