痛風の血液検査のCRPについて

スポンサーリンク

痛風になると行う血液検査では尿酸値とCRPという数値が話題にあがります。

血液検査のCRPとは?

体内で炎症や細胞の破壊(組織の壊死)があるとき、急激に増加するタンパク質成分を測定した数値です。

通常、正常な血液の中にはほんの微量しか含まれないものでCRPの一般的な基準値は0.3mg/dl以下とされています。

このCRPは体に炎症が生じてから、2~24時間以内に急激に数値が上がり、その後2~3日かけて下がっていきます。

区分 数値 状況
正常値 0.3以下
炎症 0.4~2.0 風邪など
強い炎症 2.1~10.0 細菌感染、痛風
かなり強い炎症 10.1~ 肺炎・ガン級

この数値が高いと次の病気が疑われます。

【炎症】

外傷、骨折、歯周炎、亜急性甲状腺炎、痛風

ウイルス・細菌性の場合】

肺炎、肝炎、結核、髄膜炎、リウマチ熱、潰瘍性大腸炎、急性膵炎など

自己免疫疾患の場合】

膠原病、関節リウマチ

【その他】

悪性腫瘍、白血病、心筋梗塞、脳梗塞

CRPと痛風の関係

痛風時においてもCRPは炎症レベルを表しており、当然高いほど激痛となります。

同じ痛風でも痛みレベルは、まるで違うので激痛レベルを知る上では参考になります。

通常、痛風の痛みが出て病院に来る方はCRPが1.0を超えていることが多いようです。

中には14.0超とか信じられないほど我慢しちゃった人もいるみたいで、ここまでくると尊敬するレベルです。

おそらく痛風の震源地も2~3か所クラスではないでしょうか?

データが揃わなかったので自分の数字と感想を書いてみます

■参考までに私の感想です。

CRPが4.3 痛風震源地は一か所

  • 眠れない痛み、足に毛布はかけられない
  • 走ることは絶対無理
  • 靴は履けず、長靴かサンダル、スリッパなら履ける
  • 独りでゆっくり歩けるレベル
  • 基本的に、あまり動きたくないが寝ていたくもない
  • ぶつけても涙流しながら許せるレベル

でも4.3だと正直なんとかなるレベルです。

痛風患部が2か所同時に発症したときには、痛みレベルは次元が違っていて、ぶつけたら気絶するレベルで、病院に向かって200mほど歩いたときに救急車呼ぼうか本気で悩みました。

この状態でCRPが7.1でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする