痛風クリアランス検査って なに?

スポンサーリンク

痛風クリアランス検査とは?

痛風の原因となる高尿酸血症は、尿酸の生成過剰排出低下及び混合型の3種類が考えられ、原因の分類によって用いられる薬も治療法も変わります。

痛風クリアランス検査とは、どの分類の原因で高尿酸血症なのかを調べる検査です。

痛風の原因となる高尿酸血症とは?

痛風クリアランス

痛風クリアランス検査について

検査の事前の注意事項

検査前日は21時までに食事を取り、できればプリン体を多く含むものは食べないようにし、内容も軽めにします。(アルコールは不可、水は飲んでも大丈夫。)

検査当日は朝食を取らない。水やお茶は可ですが、牛乳やジュース、清涼飲料水は飲んではいけない。

痛風のために処方されるフェブリクなどの薬は、クリアランス検査の1週間以上前に服用を中止する必要があります。他の薬を飲んでいる場合には事前に確認が必要です。

検査内容

1時間の間に貯まる尿を正確に採尿するのと採血となります。
具体的には、最初に採尿し捨てます。その後1時間の間に尿を貯め採尿する。
2時間ほどで検査は終わります。

検査結果がでるのには3日間ほどかかります。

痛風クリアランス検査の利点

痛風クリアランス検査で高尿酸血症の原因が明確になり、生成能力・排出能力等を正確に把握し、分類が決まると薬が処方されます。

基本的には高尿酸血症の原因が尿酸の生成過剰が原因であれば産生阻害剤を投与します。
アロプリノールやフェブリク、トピロキソスタッドなどが処方されます。

尿酸排出低下が原因での高尿酸血症であれば排出促進剤である、ベンズブロマロンなどが処方されます。

これらの薬が処方されるときに、体と原因にあった適切な薬が処方されるため、薬投与時における体の付加を軽減することができます。痛風の薬は数年間という長期間服用するものであるため、可能な限り体にあった薬を服用することで副作用等のリスクを減らすことができます。

薬があわなくて効果が出ずに、何度も薬が変わったり、副作用が出ているようなケースにおいては、痛風クリアランス検査を受けてみるのが良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする