痛風治療中に転勤や引越しがある場合の注意点

スポンサーリンク

主治医を変えなければいけない場合

痛風は、病気が長期に及ぶためかかりつけ医を持つことが良いとされていますが、転勤や引っ越しなどで、やむを得ず主治医を変えなければならないこともあります。

この場合には新しい病院に行く前に紹介状を書いてもらうと痛風治療がスムーズに引き継がれます。

また引っ越し後は何かと忙しいものですから、薬を服用されている方は、引っ越す前に少し多めの薬を処方してもらい、落ち着いてから、余裕をもって病院にいけるようにしておくと良いです。

海外滞在の場合

海外に移住する方や長期の出張をする方であれは、国内の引っ越しとはかなり状況が違うため、医師に相談して1年分の薬を処方してもらうこともできるようです。

治療データを保存しておく

痛風治療が始まると血液検査などを行うようになり、自分の体の情報がたくさん手に入りますのでデータは記録しておくか、大切に保管をしておくことをお薦めします。

また併せて体重の推移や体脂肪率の変化なども記録しておくと、自分を自分で分析するのに役に立ちます。

特に転勤が多い方であれば、こうした情報があることで主治医が頻繁に変わっても、新しい医師に経過を説明しやすくなると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする