角田信朗、松本人志との確執をブログで告白は、松本を困らせちゃったかもしれません。

スポンサーリンク

ダウンタウンのファンでありながらも、過去にやむを得ない理由で松本人志からの仕事のオファーを断ってしまって以来、松本との間に確執ができてしまったとブログの中で明かしていますが、この事が返って松本を怒らせてしまうのではないかと心配になります。

角田伸朗のブログ

まずブログの書き方ですが、短い文で絵文字がたくさん入った文章で書かれているため、真剣な文章のはずのものがブレてしまい、軽いタッチに感じてなりません。

そのため真剣な想いも逆効果になってしまわないかが心配です。
立場があって、受けられないオーダーがあるのも仕方がないものの、その対応や結果には責任が付きまといます。
今回の件は、双方が悪くないと思いますし、やりかたによっては拗れる事もなかったと思い巣ので、今更説明するまでもなく、断った理由は十分伝わっているのではないかと思っています。

そのうえで…..ブログの中で次のような内容を書くのは、良くなかった気がします。

ボクはこの事件、おそらくこうであろうと推理します。
松ちゃんの提案にボクの出演を安請け負いして名乗り出た担当者がまさかのNGの回答に松ちゃんに対する自分の体面を保つ理由を作るには他人(角田)を悪者にするしかなかったのではないか?
真相は霧の中です

こう綴った推理を手紙で書いても、読まれず捨てられるかもしれないと思ったのかもしれませんが、ブログで公開してしまった以上、松本には迷惑にしかならないと思います。

結果、みずからで関係修復の道を閉ざしてしまったかのように感じてしまいます。

まとめ

まっすぐな気持ちは、十分伝わっていますが、やり方がマズイです。
多分、ご自身でも気づいてないところで、迷惑をかけていて、そっちが原因じゃないかと感じました。

そして、ブログを見る限り、松本のオファーを受けたのも断ったのも担当者のように見えますが、こういうのは、ちゃんと自分の言葉でフォローすべき点じゃなかったのかと思います。

対応を失敗して、その後交流が消えるというのは何も芸能界に限ったことじゃありません。
和田アキ子も心配するほど、松本に嫌われてしまっていたのであれば、もっと慎重に対応すべきでした。

今回の件は、松本を困らせてしまっただけのものになったと思われますね。
ここで松本が角田を呼ぶと、視聴率は上がるかもしれませんけど…..

周囲の方からの力を借りるしかないとは、思いますがいつか関係が修復されると良いですね。

(敬称略)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする