痛風患者の運動方法

スポンサーリンク

痛風患者が運動等でダイエットをする場合には、痛風の原因である尿酸をできるだけ生成させないように運動する必要があります。

ところが尿酸が急激に増加する無酸素運動や激しい運動は痛風患者には適していません。

そこで痛風患者に良い運動をご紹介していきます。

軽い運動が良い

痛風患者が尿酸が高い状態で運動を行うと痛風を発症させる原因となります。

そこで尿酸降下薬などの使用後、尿酸値が下がり落ち着いてきた時期から軽い運動を開始するのが良いとされています。運動は毎日軽い運動を継続して行うと効果が高まります。
運動中には水分をしっかり摂取し汗のかきすぎに注意が必要です。

ウォーキング

ウォーキングなどの有酸素運動は痛風患者の運動にもっとも適しているものと言えます。
有酸素運動は尿酸値を上げずにエネルギーを消費することができるからです。
毎日30分くらいを目安に休憩を取りながら実践するのが良いです。

ジョギング

無理せず自分のペースで走り1km毎に休憩を入れながら呼吸を整えつつ走ることが良いとされています。

体操

自宅の中でもやれる体操を行う場合には体の一部に極端に負荷がかかるものは避けた方が良いとされています。

テニス

随所にダッシュなど加わる実戦形式なものは、あまり向いておりません。またテニスするときは長時間のプレーはしない方が良いと思われます。

水泳

水泳は泳ぐのではなく、水の中を歩くようにしましょう。足や膝に負担がかからないため痛風患者には最も良い運動と考えられています。

E146_shinkyakusurudansei

運動する際の注意事項

痛風は運動がきっかけで発症することが多いです。

汗かきすぎることは血液濃度が上昇し結果尿酸値の増減をもたらし痛風発作の原因となります。また血液の濃度が上がることは尿酸の結晶化を促進し、腎臓の濾過機能の低下を招くこともあります。

運動する事はとても大切で毎日実践することで、その効果が強く期待できるようになりますが、体調のすぐれない日は、中止することもまた大切です。

色々と面倒な点も多いのですが、無理がかからないように適度な軽い運動をすることが痛風患者の運動の仕方だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする