神奈川県小田原市の職員が「保護なめんな」「不正を罰する」とプリントしたお揃いの”ジャンパーを着て訪問”は一歩間違うと本当に怖い

スポンサーリンク

悲しいだけじゃなく、本当に怖いです。

生活保護を受けることの悔しさや辛さに、一番身近にいる保護課で、残念な記事が飛び込んできました。

生活保護受給者の自立支援を担当する神奈川県小田原市の複数の職員が、「保護なめんな」「不正を罰する」などと、受給者を威圧するような文言をプリントしたジャンパーを着て各世帯を訪問していたことがわかった。

職員が自費で作ったとみられ、市は16日、不適切だとして使用を中止させた。専門家は「生活困窮者を支えようという感覚が欠如している」と批判している。

市によると、ジャンパーを着ていたのは、生活保護受給世帯を訪問して相談に応じるなどする市生活支援課のケースワーカー。在籍する25人の大半が同じジャンパーを持っていた。

ジャンパーの背面には「我々は正義だ」「不当な利益を得るために我々をだまそうとするならば、あえて言おう。クズである」などの文章が英語で書かれている。

悪乗りの表現に良く使われる「~~するならば、あえて言おう。クズである」と英語で書かれているとのことですが、少し調子にのってしまった感があります。

さすがに涙が出そうになる内容で、こういう対応するから日本でも数年前に餓死者を出してしまったりするんだろうと感じます。

本当に困っている人ほど、強く言われたりすると遠慮し、諦めてしまうものです。
今後、このような事がなくなることを切に願います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする