痛風にはビールがダメで、焼酎ならいいの?

スポンサーリンク

痛風対策として、”プリン体カットのビール”に切り替えたり、プリン体が含まれていない焼酎を飲むことで痛風対策を行う方がいます。

しかし、プリン体カットしたとしても、痛風対策としてほとんど意味はなく、『やっている方の自己満足にすぎない』と最近わかってきました。

ビールが飲みたいのであれば、ビールを飲むべきだったのです。

でも注意点がありますので、それをご紹介します。

痛風の原因はビール?

ビールが痛風に悪い間違った認識

痛風になると「美味しいものを食べ過ぎたの?」とか「ビールばっか飲んでるんでしょ?」と言われることが定番です。

これは痛風の原因が尿酸であり、尿酸の原料となるプリン体を多く含むビールを摂取することで痛風になると考えられてきたためです。

食べ物と比べると、わずかなプリン体しか含まれていないビールですが、非常に飲みやすいため、一度に大量に摂取することが多く、結果的にプリン体を大量に取り込んでしまうと考えられてきました。

そのため、お酒を飲むならプリン体が入っていない焼酎が良いと言われ、どうしてもビールが飲みたいのであれば、プリン体カットのものが良いとされてきました。

PP_bear

実はプリン体の摂取量は、痛風とほとんど関係がない

痛風の原因である尿酸の材料がプリン体であることは間違いありませんが、プリン体の80%は、体内の代謝によって作られていて、食事から摂取するプリン体は全体の20%に過ぎないことがわかりました。

ほとんどの食事にプリン体が含まれているため、プリン体を完全に排除すること不可能であり、プリン体を少ないものを一生懸命選んで食事しても、その効果はあまり期待できません。

参考:NHKの『ためしてガッテン プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP』

番組では、人体実験も!?

医師の監督のもとで『プリン体をたくさん含む食事をするグループ』と『プリン体の摂取量を制限した食事をするグループ』にわかれて実験した場合にも、両者の尿酸値の変動には全くと言っていいほど影響が出ませんでした。

つまりプリン体を摂取制限する形では、効果があまり期待できず、ビールから焼酎に切り替えても、ほとんど影響がありません。

ビールが痛風の原因といわれる本当の理由は!?

ビールが痛風の原因であると言われる理由のひとつに、ビールの消費量と痛風発作の頻度の推移は類似している点があります。

ビールが痛風に悪いというので、良く耳にするのは、まとめると次の2つです。

①ビールの中のプリン体は食物中のプリン体より吸収率が高い傾向にある

②アルコールが分解する際に尿酸を生産し、尿酸排泄を阻害する働きもある

食べ物から摂取できるプリン体の影響力は、ほとんどないことを考えると①の『摂取効率』などは、はっきりいって誤差の世界なので無視します。

問題なのは『アルコールの摂取』の方です。

ビールが痛風発作の原因となる本当の理由は、プリン体より、『アルコール摂取による尿酸の過剰生成と排出阻害要素』にあると考えられています。

でも12月などの寒い時期は「ビールの消費量」と「痛風発作の頻度」が連動していなくて、何か不思議ですよね?

ビールを飲んでも『痛風発作の頻度を抑える秘訣』は、ここにあります。

結論をいうと、夏は発汗してしまうため尿が少なくなり、そのため尿酸の排泄がうまくいかない時期にもなります。そのときにビールなどで大量のアルコールを摂取すると、体内に尿酸がたまり痛風を起こしやすくなってしまっていたのです。

冬は発汗が少ないため、尿を通じて尿酸の排出を行いやすい時期なので、冬の忘年会シーズンでは、ビールの消費が多くても、痛風発作は起きにくいと考えられています。

くわしくは、『痛風発作は、夏(7月)に多い理由について』

痛風には、ビールがダメで、焼酎ならいいの?

アルコールを飲むのであれば、何を飲んでもダメです。

なので飲むなら飲みたいものを少量で飲むのが一番の痛風対策になります。

でも、自分の意思に関係なく、飲まなきゃいけない時期があります。

そんなときには、”アルコールの入っていない水分”をいっぱい摂取して、尿からの尿酸排出をうながすと効果がありそうですよ。

2017.12.21追記

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする