痛風の合併症「糖尿病」をバナジウム天然水で予防

痛風の合併症「糖尿病対策」について

痛風のきっかけになると言われている生活習慣病は、通常尿酸値の上昇だけでなく一生に血糖値の上昇を起こしていることが多いものです。

結果、痛風になる方は、その後合併症として糖尿病を発症させることがあり、糖尿病はさらに恐ろしい病気を誘発させていく可能性があります。

糖尿病対策について

では糖尿病を防ぐためにはどうすればよいのかについてですが、糖尿病を防ぐにはまず過食やめ、肥満を解消することが大切です。

そこで過食にもダイエットにも有効なのは「水を飲むことが効果的」です。
私自身、現在「水ダイエット」を実践していますが、食事の前に水を飲む習慣をつけると過食を防ぎやすくなります。また体内の老廃物を排出して代謝を上げる効果もあり、脂肪が燃焼しやすくなり、肥満防止につながります。

糖尿病は一度なってしまうと完全に治癒することがありません。また闘病生活は痛風よりはるかにキツイものと考えられます。痛風患者は予防の大切さを痛感している方が多いので、なんとしても、これ以上酷い思いをしないように糖尿病だけには気をつけたいものです。

糖尿病に有効なバナジウム天然水

糖尿病患者の治療には血糖値を下げるためのインスリン投与を行うのですが、このインスリンに良く似た働きをするものにバナジウムがあります。

糖尿病患者はもちろん、血糖値が高めの人の糖尿病予防にもバナジウムは効果があると考えられています。

バナジウムの摂取方法は、貝類、エビやカニなどの食品からの摂取やサプリメントが有名ですが、過食防止やダイエットの観点と痛風治療に水を毎日かなりの量を飲まなければいけない痛風患者にはバナジウム天然水を飲むことがおすすめです。

またバナジウム天然水には、血糖値の予防の他、高血圧やむくみ、便秘、血行促進などに効果があると言われています。いちにち2ℓ前後飲むのであればできるだけに効率的に水にはこだわっていきたいと思います。

バナジウム天然水には、いろいろ種類があります。

バナジウム天然水って価格が本当にバラバラで様々なメーカーが取り扱っています。
なぜ価格にこんなに開きがあるのかと思ったら含有量が全然違うのです。

実際に糖尿病対策を考えるとバナジウム含有量が少ないと効果は、ほとんど期待できないと言われているため慎重に調整しなければいけません。またバナジウムは金属の元素としての毒性について心配する声もあるため過剰摂取しないように配慮も必要だと思います。

痛風患者は、水を毎日大量に飲んでいますが
「バナジウム天然水をがぶ飲みして大丈夫なのかな?」と心配になると思うので説明したいと思います。

バナジウムの摂取量について

バナジウムに関してですが、1日あたりの摂取量の目安は1.8mgだとされています。

通常バナジウムは干しひじき(プリン体:132)や、ホタテ(76)、焼きのり、アサリ(145)などの身近な食材にも含まれているので、ヘルシーで栄養バランスのいい食事を意識していれば自然と摂取できるとされますが、痛風患者にこれらの食材を摂取させるのはプリン体の観点からやや厳しい。。。

バナジウム天然水に含まれているバナジウムの含有量は、50~150μg/ℓで3倍違うものの、摂取できる量は、2ℓ飲んでも0.1~0.3mgとなり大きな影響はありません。

実は痛風患者は、プリン体の摂取制限からバナジウムを避けていて摂取量が少ないのです。

つまり痛風患者は、あまり気にせずバナジウム天然水を飲んでも大丈夫だと思います。むしろ一生懸命飲んだ方がいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする