痛風のサプリメントの効果とは?(アンセリン)

スポンサーリンク

アンセリンとは?

泳ぐのをやめると死んでしまうマグロやカツオなどの大型回遊魚の筋肉に含まれるアミノ酸のことで、「泳ぎ続けても疲れないのはアンセリンに原因があるのではないか?」と研究が続けられていた成分です。

その研究の中でアンセリンには優れた疲労回復効果と尿酸値を下げる効果がある事が発見されたため、痛風用のサプリメントとして有名になってきたようです。

アンセリンの効果について

尿酸値効果作用

アンセリンには、エネルギーを獲得する際に生じたプリン体を再び再合成させ再利用を促進させる効果があるため、プリン体の生成をおさえ、また尿酸の排出の促進効果もあるため尿酸値を下げる効果があると言われております。

■抗酸化作用

酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出しますが使われなかった酸素は酸化し糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などの問題が起こします。これを防ぐ作用を抗酸化作用と言います。

■血糖値上昇抑制

血糖値は血液内に存在するブドウ糖の濃度のことです。炭水化物を摂取すれば血糖値が上がり糖分の多いものほど血糖値の上昇は大きくなります。風邪、疲労、睡眠不足、過度のストレスにも血糖値は上昇する傾向にあります。こういった血糖値の上昇を抑制する効果があります。

アンセリンのサプリメントは痛風に有効か?

サプリメントが効果があると思われる方

軽度の高尿酸血症の方には有効だと思います。

具体的には尿酸値が8.0以下で、痛風発作が起きていないのであれば、通常の痛風治療は食事療養を中心に行われ、患者もそれを望む方が多いと思います。

食事療養を中心に痛風の治療を考えている方であれば、サプリメントの影響力は相対的に大きく効果も高いと思います。

逆に尿酸値が9.0mg/dLを超えていたり、薬の服用をされている方であれば、サプリメントでの尿酸降下は、誤差程度になってしまうかもしれません。

でも治療がすすみ服用する薬の量が減ってくれば、サプリメントの効果にも期待したくなるとは思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする