痛風患者が低脂肪牛乳を飲み、チーズやヨーグルトもたっぷり食べると良い

スポンサーリンク

痛風の尿酸値効果には牛乳か適している!

痛風患者にとっては、牛乳にはカゼインが含まれているため、体の中の尿酸を排出するのに、とても効果的と紹介されているために、ぜひ毎日飲みたいものです。

特に低脂肪牛乳には、たくさん含まれているため、もし痛風患者や尿酸値が高くて気になる方は低脂肪牛乳を飲むことがおすすめです!

乳糖は太る原因なので飲み過ぎには注意

痛風患者は、尿酸の排出を促すこと大切で、体内の尿酸を下げる必要があります。
そのために牛乳、特に低脂肪牛乳は非常に効果が高いと言われていますが、牛乳には乳糖と呼ばれる糖質がたくさん含まれているため、非常に太りやすくなり、大量摂取はあまり良いとはされていませんので注意が必要がです。

特にカゼインがたくさん含まれている低脂肪牛乳については乳糖がたくさん含まれていて200cc当たり10g以上の糖が含まれているため、コップ一杯でも角砂糖2つ分くらいの糖質があることになります。

チーズやヨーグルトがおすすめ!

カゼインが含まれていて、糖質があまりないものが理想と欲張った考え方をしたときにベストな食べ物は何かという、それはヨーグルトやチーズと言われています。

牛乳に比べて加工されたチーズやヨーグルト、生クリームなどの乳製品では糖質を抑えられる事ができるため、牛乳より安心していっぱい食べられるものになります。

まとめ

牛乳は、他の栄養素もあるため、毎日コップいっぱいは飲みたいものです。
ですが子供と違い成人してしまうとカルシウムなどは成長期のときほど栄養を摂取することができないため、カゼインがたくさん含まれていても飲みすぎには注意した方が良いと言われています。

食事の幅を広げて、太りにくくカゼインを摂取するにはヨーグルトやチーズを毎日の食事に絡ませるのが理想的なんだと思います。苦手な方はあまりいない食材だと思うので、積極的に食べていきたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする