松本人志、角田信朗のブログに言及 松本人志の大人の回答で、角田伸朗の心のもやが晴れるといいですね

スポンサーリンク

角田がブログの中で8年前の誤解のせいで、ダウンタウンとうまくいってない事について、悩みブログを通じて誤解を解こうした件について、ダウンタウンの松本人志が大人な回答をしていました。

松本人志のコメント

ポイントは以下のとおりです。

松本人志が角田伸朗に対して怒っているという訳ではなく、吉本興業と日本テレビの問題

これは、角田をレフリーにして『たたいてかぶってじゃんけんぽん』のゲームを2~3週間やろうとして、角田の了解を得た後に、多くの芸能人に声をかけて、打ち合わせも、衣装決めも終わっていた。

でも2日前に急にドタキャンされてしまい、慌てて代役を探したものの、見つからず収録が飛んでしまったことを明かした。

色々な芸人の方にも迷惑をかけてしまって、松本が個人的に怒っているというより番組の問題なんだと角田の誤解を解くための発言をしました。

そして今後は、このような方法を取るのではなくて、きちんと会社を通してやって欲しい。
と添えた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000312-oric-ent

角田伸朗のブログの中で

本人もここまでの反響が出るとは思っていなかったようなコメントをしています。

角田への意見がブログを通じて発信できる時代なので、是も非もメッセージが届いているようで、特にネット特有の配慮のない辛辣な言葉が角田の胸に突き刺さっているようです。

『ケンカを売ってる、今更なにを名指しして、そんなことを言うのか?』という意見が多い印象に受けますが、ご本人は悪意があった訳でもなく、ケンカを売っている訳でもない、売名行為をしている訳でもなく、いろいろ頑張ってきたけど、埒が明かずこのタイミングでついブログで発信してしまったとのことだったようです。

まとめ

SNSでの影響力は、ほんとに大きくなっているので芸能人の方は特に、配慮するように心かける必要があったのかもしれませんね。

また逆に芸能人の方に否定するコメントも簡単に届くようになった時代ですが、匿名性を生かして、本当に酷いコメントをしてくる方がいますので、そこはやめましょう。

今回は松本人志のコメントのお陰で、角田伸朗のずっと心にひっかかてた部分は消化できたものと思います。

個人的に嫌われたというものではなく、芸能界における礼儀を失することになり、番組が信頼できなくなったようで、呼ばれなくなったという事だった。

ただ、こういうのは芸能界だけの話でもないですけどね……

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする