アメリカ車を日本で販売するために、必要な事は関税じゃないようです。

スポンサーリンク

トランプ氏のコメントが話題に!

トランプ米大統領は「我々が日本に車を売る場合、販売を不可能にするような措置を取っている」と日本市場を批判したが、「米国車への参入障壁はない」とする日本の立場が改めて裏付けられたというニュースが流れました、

このニュースのおかげで、アメリカ車だけでなく、外国から輸入される自動車には関税がかかってなかった事が日本中に知れわたり、認識されました。

確認不足のコメントが目立つ印象

思い抱くイメージや、昔の話を確認せずに思った事をすぐ言ってしまうので相手もどう対応していいか困惑してしまうような気がします。

トランプ氏には思った内容について、発言する前に信頼ができる側近に調査させ、内容を良く確認してから発言して欲しいと感じます。

アメリカ車が国内であまり売れない理由について

個人的な意見になりますが、自分はアメリカ車を購入したことがなく、その理由は価格と大きさとランニングコストにあります。

大きくてカッコ良くて安全面では、頼りがいがありますが、維持費がとてもかかるのが購入を敬遠してしまう理由です。
外車だから乗らないというものではなくランニングコストや修理コストから敬遠しています。
また駐車場の問題もあり、うちの小さな駐車場には、あまり大きな車が収納できません。

ニーズにあった車を提供してくれるなら、日本車でもアメリカ車でも私は、特に構わないと思っています。

まとめ

アメリカ車が日本で売れない理由は、『日本が販売できないようにしている措置のせい』と言われてしまいましたが、本質的な問題は別にあるように思えます。

日本人にとって、日本車に負けない素晴らしいアメリカ車を競って開発してくれるのは嬉しいことですし、お互いにメリットのある話だと思うので、プレッシャーや力で売りつけるのではなく、本当に良いものを開発する努力をしていける関係にあればいいと思います。

自動車を販売したいなら、安全性や燃費や価格やデザインなど、消費者にとって魅力ある車を作って広告をするという商売の基本が、とても大切で経営者であるトランプ氏には、今更な話なのかもしれませんけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする