園児の声は騒音か? 神戸地裁は、地域住民の慰謝料請求の訴えを棄却

スポンサーリンク

裁判の概要について

兵庫県神戸市東灘区で「保育所から聞こえる子どもたちの声がうるさい」として、保育所の住民の男性が認可保育所に慰謝料などを求めていた裁判の判決が神戸地裁で言い渡されました。

神戸地裁は「園庭で遊ぶのは約3時間で騒音は断続的に発生するものではない。保育所から聞こえる音は我慢できるとされる範囲を超えていない」などとして、男性の訴えを棄却しました。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000041-mbsnews-l28

裁判の詳細について

訴状によりますと、男性は保育所から聞こえてくる音は「70デシベル」で神戸市の基準を超える騒音であり日常生活に支障をきたしたと主張し、慰謝料100万円の支払いなどを求めていました。

この裁判の結果について

保育所を作る計画の時にも、割ともめる内容であり、平穏な居住エリアを求めて、家を建てたのに子供たちが、騒ぐと日常が壊されるといった内容で、保育所設立を反対する運動が起きたりします。

喉元過ぎたらではありませんが、保育園の問題が終わった方が、そういった反対運動をしたりするのは、さすがに残念に感じてなりません。

むしろ逆に子供たちを守ってあげて欲しい世代に訴えられていた気がします。裁判の結論は、納得できる内容だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする