高速道路で交通事故で、停車中の車と衝突した場合の過失割合について

スポンサーリンク

高速道路での自動車事故では、過失の考え方が一般道とずいぶん違ってくる点があるため注意が必要です。以下に簡単にまとめてみました。

停車車両との追突事故について

高速道路は駐停車禁止区域であり、かつ速度制限にも下限があります。
そのため駐停車している車両との事故の場合には、追突された側に過失が生じる可能性があります。高速道路で駐車している場合には、以下の状況が多いです。

1.渋滞中で停車中での事故

渋滞の最後尾にいて追突された場合は、追突者側に100%の過失がつきます。
ただし、猛吹雪や霧などで視界が悪い状態で、ハザードランプなどを使用しなかった場合には、追突された側にも過失が計上されることがあります。

2.路側帯での駐車中での事故

ガス欠やパンクや故障など、やむを得ない理由で動かなくなった車が路側帯で駐車していたときの事故については、追突者の100%過失となります。
ただし、路側帯から車体の一部が飛び出している場合には、路側帯に止めているとは言えず。3の取扱になります。

3.高速道路での車線上での事故

高速道路の車線上で停車していた場合の追突事故の過失割合については、
【 追突車 60% : 駐停車していた車両 40% 】となります。

これには、以下の追突者側に調整等が入るため、事故ごとに結果は異なります。

視認不良 -10
追越車線 -10
著しい過失又は重過失 -10~20
20km以上の速度違反 +10
40km以上の速度違反 +20
Aの著しい過失又は重過失 +10~20

なお、駐停車が停止表示器材が適切に設置されていた場合には追突者の過失が100%になります。

合流地点での接触事故について

高速道路の合流地点も事故が良くおきるポイントになりますが、ここはルールとして、合流地点において合流車と本線直進車が衝突した場合は、合流車の方の過失がつく傾向になります。

【合流車 70%:直進車 30%】が基本過失割合になり、以下の調整等が入ります。

20km以上の速度違反 +10
40km以上の速度違反 +20
前方不注意や重大な過失など

重大な過失や著しい過失・過失割合とは?

著しい過失とは?

通常想定されている程度を超えるような過失をいいます。具体的には以下のものです。

わき見運転等前方不注視が著しい場合
著しいハンドル・ブレーキ操作不適切
携帯電話等の通話装置を、通話のために使用しながらの運転
画像を注視しながらの運転
一般道路、概ね時速15km以上30km未満の速度違反
高速道路、時速20km以上40km未満の速度違反
酒気帯び運転(酒酔い運転は重過失)

重過失とは?

”著しい過失”より重い過失で、重大な過失をいいます。具体的には以下のものです。

酒酔い運転
居眠り運転
無免許運転
一般道路、概ね時速30km以上の速度違反
高速道路、時速40km以上の速度違反
過労、病気、薬物の影響により正常な運転ができないおそれがある場合
その他の理由により正常な運転ができないおそれがある場合

過失割合とは?

損害賠償請求で自分の過失が40%しかない場合に、相手に与えた損害が100万円である場合には、請求額の40%を相手に対して支払えば良く、また自分の受けた損害も40%しか自己責任がないため、残りの60%を相手側に請求することができます。そのため、損害賠償を考える上では、非常に重要な割合になります。

まとめ

過失割合については、同じ事故がないように事故毎に考慮すべき事項があるならば細かい修正が入ります。特に和解で終わる場合には、かなり流動的とも思えます。

過失割合は、事故の当事間で非常にもめる点であり、裁判になるケースも多いです。
保険会社が提示する過失割合は和解目的であることも多く、かならずしも正しい過失割合になっているとも限りませんので、どうしても納得がいかない場合には、交通事故に詳しい弁護士に相談するのも良いです。

「裁判するかどうか?」、「過失割合に改善すべき可能性があるかどうか?」を素人が考えるより、5,000円~10,000円の相談料で悩みを解決する方法もあります。
事故でかかる費用全体を考えれば、それほど大きな負担にはならないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする