高速道路で交通事故で、歩行者をはねてしまった場合の過失割合について

スポンサーリンク

高速道路での事故の特殊なルールについて

交通事故が起きた場所が高速道路である場合には、事故の過失の考え方が、一般道のものとずいぶん違ってくるため注意が必要です。以下に簡単にまとめてみました。

高速道路での歩行者との事故

高速道路は、原則として『人が進入禁止』とされている場所であり、歩行者が高速道路上ではねられた場合には、基本的には歩行者側にも大きな過失がつきます。

高速道路では人の侵入が禁止されているにも関わらず、自動車と歩行者の事故が発生してしまうのは、主に次の2つが原因となっています。

1.高速道路での事故(パンク・故障・ガス欠等)の場合

高速道路の車線上で車がトラブルで動けなくなった場合には、運転手や同乗者は速やかに路肩に移動し、ガードレールの外側の安全な場所に待機しなければなりません。
この移動中に事故に巻き込まれることがあります。

この場合の過失割合は、【歩行者 40% : 自動車 60% 】になります。

ただし、この割合は一律ではなく状況によって大きく変動します。
事故の現場が車から離れた場所であるほど過失が大きくなったり、骨折などで上手く非難できなかったなどの事情で小さくなることもあります。

2.高速道路と気づかず誤って侵入してしまった場合

間違えて侵入した高速道路で人身事故が起きた場合には、歩行者が立ち入り禁止区域での事故なので過失割合は、【 歩行者 80% : 自動車 20% 】となります。

人がいちゃいけない場所の事故ですが、自動車側の過失がゼロになるという事はなく、高速道路でも過失がつきますので、万が一、泥酔者や認知症、子供などが迷い込んでも自動車側は最大限事故の回避を試みる必要があります。

過失割合についてのかんたんな説明

損害賠償請求で自分の過失が40%しかない場合に、相手に与えた損害が100万円である場合には、請求額の40%を相手に対して支払えば良く、また自分の受けた損害も40%しか自己責任がないため、残りの60%を相手側に請求することができます。そのため、損害賠償を考える上では、非常に重要な割合になります。

過失割合に入る調整について

過失割合には、事故特有の調整が入ることが普通です。
以下の調整等が入るため、事故ごとに結果は異なります。

著しい過失又は重過失 -10~20
20km以上の速度違反 +10
40km以上の速度違反 +20
Aの著しい過失又は重過失 +10~20

著しい過失とは?

通常想定されている程度を超えるような過失をいいます。具体的には以下のものです。

わき見運転等前方不注視が著しい場合
著しいハンドル・ブレーキ操作不適切
携帯電話等の通話装置を、通話のために使用しながらの運転
画像を注視しながらの運転
一般道路、概ね時速15km以上30km未満の速度違反
高速道路、時速20km以上40km未満の速度違反
酒気帯び運転(酒酔い運転は重過失)

重過失とは?

”著しい過失”より重い過失で、重大な過失をいいます。具体的には以下のものです。

酒酔い運転
居眠り運転
無免許運転
一般道路、概ね時速30km以上の速度違反
高速道路、時速40km以上の速度違反
過労、病気、薬物の影響により正常な運転ができないおそれがある場合
その他の理由により正常な運転ができないおそれがある場合

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする