フィギュア四大陸選手権 3位で迎えた羽生弓弦選手は、最後まで逆転を目指し、フリーで最高得点を出すが、逆転できず2位で終わった。

スポンサーリンク

フリートップでも、総合で準優勝だった羽生選手

ピョンチャンオリンピックの前哨戦にもなる韓国で行われたフィギュアスケートの四大陸選手権が終わりました。

前人未到の最高得点をたたき出し、自身にしかライバルがいないと思われた男子シングルの日本のエースの羽生結弦選手が、今回の大会成績は2位どまりとなってしまい、本当に悔しい結末になってしまいました。

試合内容について

2017年2月19日の最終日では、男子シングル後半のフリーが行われました。
前半のショートプログラムでは、3位と不調に終わってしまった羽生選手は、逆転を信じてフリーに挑みました。

最後まで諦めない羽生選手

冒頭の4回転ループのジャンプは、見事に成功!

しかし、ショートプログラムの時と同様に4回転サルコーを含む連続ジャンプでミスが出てサルコウで2回転となってしまう。

終わった瞬間、素人の自分には、ミスっぽく見えないけど、すごく寂しい印象のジャンプになった感じになっていました。

それでも最後まで諦めなかった羽生選手は、そこから4回転ジャンプやトリプルアクセルなどの3回転半ジャンプを入れるなどして立て直しをはかり、スピンとステップも最高難度のレベルと評価されるところまで点数を伸ばします。

羽生選手は、フリーで206.67、ショートプログラムとの合計で303.71という成績を残しますが、一歩及ばず結果は2位で終わってしまいました。

優勝選手はアメリカの17歳、ネーサン・チェン選手

今回の優勝者は、ショートプログラムをトップで通過したアメリカの17歳、ネーサン・チェン選手でした。

フリーでは204.34と羽生には及ばなかったものの、トータルで307.46の自己ベストを出して、そのまま逃げ切る形で初優勝を果たします。

優勝したチェン選手には、羽生選手は『4回転ジャンプを5本跳んでトリプルアクセルも2本やって転倒がなかった。尊敬しているし、怖さも感じた。』とコメントしました。

ショートプログラム2位の宇野選手について

ショートプログラムで初の100点超えで、羽生選手を上回る2位でフリーを迎えた19歳の宇野選手は、トリプルアクセルを含めた連続ジャンプでミスを出してしまいましたが、4回転ジャンプを見事に決め、表現力でも点数を伸ばして、フリーでは自己ベストとなる187.77を出して、合計288.05の自己ベストで見事3位に入りました。

試合を終えて

羽生選手は、試合後に「正直勝ちたかった」と話していました。

フリーでは最高得点をマークしていたものの、ミスもあったため優勝を逃すことになった羽生選手は記者に対して以下のように振り返っていました。

正直勝ちたかった。

自分の中では、4回転ジャンプを4回跳ぶことが重要だったが、失敗したことが悔しい。

練習をたくさんしてさらにうまくなりたいと思った。

オリンピックと同じ会場で、同じ時間で試合をして課題も見つかった。

ただフリーでは1位で、結果も出たので、いいプレオリンピックになった。

試合結果について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする