新卒に人気のあるタクシードライバー業界は、ホワイト企業として評価を高めつつある。

スポンサーリンク

タクシードライバーっていう職業について

就職先を選ぶうえで、民間企業は何だかんだいっても残業がゼロというところは、なかなか難しいのが実態で、繁盛期には休日すら返上して勤務することは珍しいことではありません。

残業問題について国は前向きに動き出してくれていますが、同時に限られた時間をいかに有効的に使っていくのかというのがとても大事になっていくのですが、新入社員に効率を求めても難しいと思ってしまうのが本音にあります。

目立たず人気が出始めているタクシードライバー

タクシードライバーは、勤務時間が決まっていて時間がくると交代要員がいるため、基本的に残業がなく、仕事を上司に振り回されるという事もありません。

色んなお客さんがいるので、それなりに大変ですが、どんな社会でもお客様には苦労するものですので、これは一緒です。

タクシードライバーの人気のポイントは以下のようになっています。

給与が良い

給与については、基本的に実力主義の社会であり、効率よく頑張った部分はすぐに所得に反映されるのも悪くないと考えられています。

終身雇用制が成立していた時代であれば、給与が最初少なくても我慢ができますが、企業が30年以上存続する可能性の低さや大手でもリストラ等で病気などでリストラ対象になる可能性も考えられれば将来の安定より、今の所得を求める気持ちも理解できます。

だいたい400万円くらいの所得の方が多く、600~700万円の所得の方も珍しいものではないようです。

勤務体系について

確実勤務を中心に勤務している方であれば、月間出勤日は11日前後になります。
それで1月分の給与になるため、自由になる時間は実は多かったりします。
当然、サービス残業で時間が奪われることがありません。

日勤 ・・・ 昼間に働く
夜勤 ・・・ 夜から朝まで働く
隔日勤務・・・一日で2日分の仕事をするもの(午後4時から翌日10時までの出勤など)

タクシードライバーのリスク

売上があげられないとキツイ業界

実力主義の裏事情ですが、要領が悪くドライバーとしての適性がない方の場合には、売上が上がらないと本当に地獄だと言われています。

交通事故・交通違反のリスク

また交通事故については、運転時間がとても長いので事故にあうリスクはどうしても高まってしまいます。またスピード超過や路上駐車などの交通違反などの罰則は違反者であるドライバーが支払うものになります。(会社は経費で落とせない)

タクシードライバーが気を使っている事

顧客とのトラブルは、どうしてもゼロにはできないようですが、回避することは可能であるようです。具体的にはガラの悪い地域には行かないようにしたり、道をきちんと覚えて丁寧な接客を心がけるということのようです。

タクシー会社にも、ブラックは存在する

優良企業は本当に素晴らしいタクシー会社ですが、中にはブラック会社もあります。
ネットでもずいぶん色々な情報がありますが、個人的にお勧めなのは実際にソノタクシー会社のタクシーに何台か乗ってみる事です。

面接のときにも役立ちますし、何よりドライバーの生の声が聞こえます。
入れ替わりの激しさやどんな社風なのか、おしゃべりなドライバーも多いので色々聞いてみるのも悪くないですね。

タクシードライバーになるための資格

必要な資格に二種免許があります。

二種免許は、普通免許を取得してから3年以上経過した方なら、教習所に通うことで二種免許を取得することができます。費用は大体20万円くらいになります。

二種免許の資格を取得試験の内容は、運転技能試験のほか、学科試験もあります。

二種免許を保有していない方の場合には、タクシー会社が二種免許の取得費用を負担してくれるところが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする