日本で一番応援したくなる野球部『私立英心高校』の甲子園予選の5回コールド負けの秘話について

スポンサーリンク

2017年3月27日に行われた第64回春季東海地区高校野球の三重県大会の南勢地区1次予選春の甲子園で、91点差をつけられ5回コールドで終わった試合がありました。

この試合は、私立英心(えいしん)高校と県立宇治山田商業高校の試合で、英心は後攻の宇治山田商に、1回に8点、2回に31点、3回に41点、4回に11点を失い、5回ウラを待たずにコールド負けしてしまいました。62被安打17失策という結果でした。

この試合の結果について私立英心高校の豊田毅監督(31)は、ツイッターで以下のようにコメントしました。

過去に例のないほどの大敗でしたが、最後まで点を取るために全力を出してくれた相手チームに対して経緯を表すると共に、強豪チームを相手にアウトを取ったナインに対して胸を張って「選手はダメじゃないです」と投稿した監督の気持ちに胸が熱くなります。

この豊田監督のツイート記事に対して、凄い数の返信が来ていて、内容は甲子園での戦いに感動したファンからの声援でした。

「あなたのチームは日本で一番応援したくなる高校野球部だ」
「この悔しさを糧に夏に向けて!! これからも応援させていただきます」
「お疲れ様でした!ほんとこれからのみなさんの成長期待しています」
「必ず喜べる日はすぐ近くにあると信じています」

私立英心高校の秘話について

甲子園で最後まで諦めずに一生懸命戦ったことでも感動しましたが、この学校の野球部設立の背景にもドラマがありました。

2015.7.25のツイート

三重県伊勢市・英心高等学校硬式野球部監督・豊田です。野球が大好きだけど、何らかの理由で続けられなかった中学生、高校生のみんな。英心でまた野球を始めてみませんか?

豊田監督は、2015年5月に不登校の子供多く受け入れるこの学校で、社会に本当の意味で通用する生徒になって欲しいと考えて、野球を通じて伝えたいものがあって野球部を創部し、部員を集めたようです。

当初は部員5名、マネージャー女子1名の規定人数にも届かない状態でスタートした英心野球部。

私立英心高校の野球部の歴史

豊田監督は3月28日にJ-CASTニュースの中で野球部の歴史を明かしてくれたようです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000007-jct-soci&p=1

野球部のはじまり

英心高校は、もともと不登校の子どもを多く受け入れる学校で、その中には休み時間にキャッチボールをする生徒もいたため、野球経験のある豊田監督が、週1回程度のクラブ活動でみんなが楽しめるようにと、野球部を2015年5月に創設したのがはじまりのようです。

当初は男子5人、マネジャーの女子1人という規定の人数にも届かない同好会みたいな部活のようでしたが、少しずつ野球に興味のある生徒が入部してくれたようで10人まで部員数が増えて、日本高等学校野球連盟(高野連)への登録申請が通り、対外試合を組めるようになりました。

野球の道具も満足に揃ってなくて、試合ではヘルメットを相手から借りるというチーム。

初試合は、0対26で敗れたものの、投手の生徒は「打たれたくない」と本当に悔しがったと言います。

豊田監督は「この日を機に『エースの自覚』が芽生えた気がします。他の部員も高校野球の厳しさを知り、負けん気が出て野球にのめり込んでいきました」と振り返ったそうです。

甲子園を目指す戦いの中で得たもの

それから約1年半後、甲子園を目指す春の予選では、結果として力は及ばずに0対91で敗れてしまいました。

負けて悔しい気持ちが大きかったものの、この試合では光栄と感じた点があったようです。

過去の試合では、ストライクに入らず四球が続く試合で、相手チームは点差が開きすぎると、試合を終わらせようとバントして自らアウトになることもあったようですが、宇治山田商との試合は、相手は県屈指の強豪校ですが、フルメンバーで最後の最後まで攻撃の手を緩めないでくれたと言うのです。

4回の英心の守備でピッチャー返しの打球が投手の腹に直撃し、立ち上がれなくなったときに、豊田監督が交代を告げると「最後まで投げさせてください」とピッチャーが食い下がり、そのまま続投すると、宇治山田商のベンチが立ち上がり、マウンドに再度立ったエースに拍手を送ったという場面もあったようです。

4回の守備を終えてベンチに戻ると、「投げさせてくれてありがとうございました」と豊田監督に礼を述べてくれました。この投手は中学まで不登校だったといいます。

本当に大切なもの

点差がついても全員が最後まで声を出し続けていた。
30点取られても『1点ずつ取り返そう』と言い続け、誰も諦めませんでした
翌日の練習には部員全員が参加した。

「不登校だった子が、ただ学校に来るようになるだけではダメだと思っています」とした上で「私は野球を通じて心がしっかりと育ってほしい。自分の将来に前向きになり、人間性が形成されていってほしいです。うちの高校の生徒は体力的にもちょっとひ弱なので、野球で受験勉強のための持久力や忍耐力もつくと考えています」と話している。

野球で得られるものは、心だけでもなく、選手一丸になって頑張ったという思い出と一生ものの友情も得られるものになると思います。

青春時代を熱く生きるためには、選手のみんなには本当に頑張って欲しいし、遠くから応援したいと思います。

今年の春の甲子園では10人で甲子園に挑む不来方高校の頑張りなど、胸を熱くしてくれる高校生の活躍が目立ったような気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする